大建和紙畳の新調です

小麦色と灰桜色の市松です、職人さんが、どうすれば綺麗に見えるかを考えてくれまして、手前の小麦色を横向きで濃く見えるよう調整してくれました。
ただ、色を選択するだけで無く、目地まで考える必要もあると勉強させて頂きました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL